2013年11月16日

連結、連続写真4枚。

岩見沢駅にて。
733系と721系の連結シーン。
ホワイトバランスがちょっと間違ってるけど、気にしない方向で……。

IMG_9710.jpg

IMG_9711.jpg

IMG_9712.jpg

IMG_9713.jpg

2013年11月15日

785系電車NE-5編成さん。

上野幌駅にて。
785系電車NE-5編成さん。

IMG_9641.jpg
posted by くれん at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | JR北海道・785系電車

2013年11月14日

馬が見ている。(岩見沢駅、711系電車)

言わずと知れたあれでござる。

IMG_9698.jpg
posted by くれん at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | JR北海道・711系電車

★いすみ鉄道に乗ってきたっ! 第二幕・突撃、いすみ鉄道線

 前回、11月9日の記事「★いすみ鉄道に乗ってきたっ! 第一幕・飛び出せ、北海道っ」の続きです。

 わかしお7号に乗って、とりあえず軽〜いお食事などを。お食事は京葉線ホームのデイリーヤマザキで手に入れたパンと缶コーヒーでございます。レストランでのんびり……というのには時間的な余裕があまりのもなさ過ぎた。心の余裕はあるんだけどね^^

 と、わかしお7号の乗車時間は外房線、大原までの1時間12分。その間、ワタクシはまったりと車窓を眺めておりました。まずは……地下なので、真っ暗……というか真っ黒。特急なので、当然のことごとく地下駅はスルー! 地上に出たら、ひたすら高架。軽くカルチャーショックだね。北海道で一番長い高架線と言えば札幌駅から函館本線なら琴似、学園都市線なら新琴似まで。あとは駅周辺がちょっとだけ高架線というのしかないんだけど、都会はチガウねー。まー、房総半島を東から西へと進んでいくと、都会的なコンクリートな建物から、だんだんと田園風景になっていき、北海道とは雰囲気が違うけど、一度は訪れてみたい落ち着いた田舎の景色になっていきましたとさ。

 そして、大原に着く!
 やってきました。いすみ鉄道線の起点、大原駅。JR線からいすみ鉄道への接続まで、それなりの待ち時間があったのでちょこっとだけ周囲を散策。どこにでもある……と言ってしまったらいささか失礼ですけど、ありふれた普通の町だと想います。人影がたくさん見えるわけでもないですけど、町の雰囲気はのどかでスキですね。むしろ、北海道の小さな駅周辺の方が数段、ヤバイ。もはや、「駅前」なんてものは形成されていませんから。

 ついでに、余談ですが、いすみの鉄道車両と同じに塗られた自動販売機が気になります。この自動販売機は駅以外の場所にもあるようなので、見かければ、「いすみ鉄道の自販機だ」と一目瞭然なので、そこそこの宣伝効果を上げるのではないでしょうか。
 ちなみに、黄色と緑の自販機の隣にある自販機はキハ52の塗色なんですか……ね?

DSC00356.jpg

 で、そろそろ列車の発車時刻になりそうなころに駅に戻って、いすみ鉄道線の終着、上総中野までの切符を購入。いざ、鎌倉! じゃなくて、駅、構内へ! そこで待ち受けていたのはいすみ200'形。富士重工が製造した、いわゆる、レールバスというものです。ちなみに写真の列車は12時59分発上総中野行きの19Dです。

 では、早速、乗車してみましょう……。ふむ、確かにあちらこちらにバスのものと思わしき部品が……。まず、ドアが折りたたみ式。路線バスなんかでよく使われてるヤツ。側面窓、大型バスのだろうね、これ。運賃箱と両替機も間違いなく路線バスのもの。座席は一両での編成にもかかわらずロングシート。(一両だったら、クロスシートじゃなくちゃ! と言うわけではないよ。JR北海道でのキハ40だったら、短めロングとクロスシートだなぁって想っただけですわ)だけれど、乗り心地はそんなに悪くない。

IMG_8760.jpg

 さて、いすみ鉄道、初乗車の往路は始発・大原から終点・上総中野まで通りの乗車で計画。車両に乗り込んだのは、おそらく沿線にお住まいのおばあさん、どうやら乗り鉄が目的らしき熟年の夫婦、どこかのおじさん、そして、ワタクシの全五名。……。マジか。ローカルだね。そりゃ、存続も危ぶまれるはず。けれど、なくなってしまったらやっぱり困るんだよね、主に自動車を使わない(運転が危ないから乗らないも含む)ご年配の方たちに。今回の場合だと一人乗ってきたおばあさんですね。ワタクシにも「どこまで行くの?」と声をかけてくれた気さくな方でした。

 そして、定時出発。
 ここ、大原から終点・上総中野までの所要時間はおおよそ53分。北海道なら、札幌-岩見沢くらいの距離感だと思います。遠くもないけど、近くもない感じですね。車窓をのんびり眺めて、飽きない程度にはちょうどいい時間かもしれません。そこで、目についたのは柿の木。すっかり葉っぱが落ちて柿色の柿がたくさんなってる! すげー。津軽に行ったときも思ったのですが、本州って柿の木が当たり前にあるんですね。とにかく、それが目新しくて乗ってる間中、ずっと、柿の木を探していたことは内緒です。

 途中、上総東と西大原との間の湖の畔にスナフキンさんらがいらっしゃいましたが、写真はありません(汗)ちなみに、先に記述がある乗り鉄さんの熟年夫婦が運転士さんに「乗りに来ただけだよ〜」と言っていたせいもあるのか、運転士さんが特にしっかりと「右手の湖の方を見てください。〜〜」とご案内をされていました! こういう心意気は嬉しいですね。反対側の車窓を見ていたら、見えないもんね。
 あと、調べてみると沿線にはまだまだムーミンたちが隠れているようですが、今回は柿の木にほだされてしまって見つけられなかったものが多数なので、次回の課題です。今度は菜の花が咲く頃に行きたいですね。

 そして、のどかな旅、53分は終了。上総中野駅に到着です。写真はいすみ鉄道19Dが到着後、2分後に発車する五井行き、小湊鉄道のキハ200形の車両。いすみ鉄道はワンマンで、小湊鉄道はツーマン(運転士さんと車掌さんの二人)でした。何かもー、ここだけ、昭和40年代くらいに取り残されたような錯覚を覚えてしまいます。のどかだよー。
 いいよなぁ。こう言うの。失われて消えていく何かがここには残っています。いすみ鉄道の社長、鳥塚亮氏は「何もないところ」と言っておりますが、もちろん、氏の著書、ブログなどをよく読んでみると、「何もない」と思ってしまうような人は来なくていいよ。「何もない」と見えるようで、その中に何かが見える人はいすみまで来てよ。と言っているようですね。(ワタクシの無茶な要約ですが)

 と言うことで、さらにつづく!

IMG_8766.jpg
タグ:いすみ鉄道
posted by くれん at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | いすみ鉄道

2013年11月13日

新車でぴかぴか。733系電車B-115編成さん。

札幌駅にて初遭遇。733系電車B-115編成さん。
新車でぴかぴかですね。フルカラーLEDも新しい。

IMG_9680.jpg

IMG_9682.jpg
posted by くれん at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | JR北海道・733系電車

2013年11月12日

至近距離でスーパーカムイ。

巻き上げる風が超怖い。
789系電車HL-1004編成さん。

IMG_9568.jpg
苗穂駅にて。
posted by くれん at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | JR北海道・789系電車

2013年11月11日

苗穂駅から、苗穂ストレートを狙う! F-4104-+F4204編成さん。

苗穂駅から、苗穂ストレートを狙う!
やれば出来るもんだ!

IMG_9583.jpg
posted by くれん at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | JR北海道・721系電車

2013年11月10日

秋の夕日の長い影

モエレ沼公園にて。
秋の夕日の長い影。

IMG_9444.jpg
posted by くれん at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろな風景

2013年11月09日

B-III

上野幌駅。733系電車B-111編成さん。
近頃は車掌さんの後ろ姿が気になります。

IMG_9612.jpg
posted by くれん at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | JR北海道・733系電車

★いすみ鉄道に乗ってきたっ! 第一幕・飛び出せ、北海道っ

 去る10月7日にかねてより画策していたいすみ鉄道乗り鉄の旅を実行してきました。ワタクシに許された時間はたった二日。と言うことで、飛行機と寝台特急を利用した0泊2日の強行軍日程で行って参りました!(寝台特急の車中泊だから、1泊でもいいかもしれないけど)と言うことで、個人的な覚え書き兼旅行記です。

 さて、当日は五時起床。札幌発6時15分の快速エアポートに乗り込んで、新千歳空港にGo! ちなみに、どこかの学校の修学旅行か何かとかち合ったらしく、でかい旅行鞄を持った学生たちと遭遇。騒々しい……もとい、賑やかな新千歳空港への旅程となりました。と言うか、おしゃべりはしてもいいから、声のトーン落としてくれよ。車両の端から端まで君らの声が響き渡ってるぞ。と、思いつつも、新千歳空港に定時に到着。賑やかな学生さんたちとは行き先がチガウので、ここでお別れ。そして、ワタクシは保安検査場に直接向かうのです。

 何故なら、いわゆる、チケットレスを利用して、さらにチェックインをスキップしてやろうという魂胆なのです。今更、珍しい話でもないと思いますけど、今まで、ワタクシはチェックインをすっ飛ばしてケータイで二次元バーコードを表示させ、保安検査場に乗り込む。と言うことをしたことがなかったので、ちょっぴり緊張です。で、事前にiPhoneのPassbookにダウンロードした二次元バーコードを用意。保安検査場のバーコードリーダーにかざし、無事クリア。が、むしろ、機内持ち込みの手荷物の方がX線検査に引っかかった(汗)う〜ん、荷物はカメラと着替えしかないんだけどね。と、首をかしげつつ、出発ロビーへ。飛行機はAir DOとの共同運行便で、8時発のANA 4712便。

DSC00341.jpg

 と、無事に搭乗完了。ちなみに、搭乗口にてケータイもしくはスマホにて二次元バーコードを表示させて、“ピッ”とやってる人は皆無。あ〜そうなんですかぁ〜。結局、WEBでチケットレス予約してもチェックイン機でチェックインしてるか、旅行代理店でチケットを入手しているってことなんだろうな。うむ、意外にデジタルの壁は分厚くて高いんだね。

 新千歳空港は定時の離陸。空の旅はおおよそ1時間半。
 機内サービスは……巡回してくるタイミングでワタクシは爆睡っ! ……流石に5時起きだと眠いんだよ。おっさんには無理なんだよ。珈琲、紅茶、緑茶などの飲み物は飲み損ないましたが、それはそれで心地よかったからよしとしよう。
 そして、目覚めたときのお空の写真。翼がすぐ近くにある席だったので、これが限界でした。けれど、ものすごく青い空と眼下に広がる緑の地平がよい感じでした。北海道、新千歳空港は曇りだったので、こんな景色は見られないかと思いましたが、これにて万事オーケー。満足です。

DSC00348.jpg

 その後、定時、羽田空港到着。しかし、ゲートから到着ロビーが遠い遠い。でも、確か、Air DOの運航便はこれでフツーだったような気がする(数年前利用したときもそうだったような記憶があるし)ので、そこは諦めた。
 歩く歩くあるく歩くアルク……。……。遠いって。

 さて、実はここから東京駅までが勝負だった。いすみ鉄道に乗り、途中下車でデンタルサポート大多喜駅の売店に寄った後に、再び東京まで帰ってくる。そして、さらに是が非でも、上野発札幌行き北斗星の発車時刻、19時3分までには上野にいなければならない。今はまだ午前中とはいえ、かなりかつかつの予定時分なので、不測の事態に巻き込まれると北海道に帰れないという恐ろしいことに。まあ、その時はその時なのですが、北斗星の切符がね。予約のし直しとか、払い戻しとか大変面倒くさいことになるので、それだけが気がかりでございました。

 そいで、至急、東京モノレールに突撃。乗り方わかんねぇ……。と言うことは流石になかった。切符を手にして改札をくぐっていくと、運良く、快速に乗れたので、終点の浜松町には考えていたよりも早く到着できて大ラッキー。そこから、JRの浜松町駅・山手線ホームまでまた歩く。で、こちらは難なく無事乗車の上、東京駅・山手線ホームに到着したのはおおよそ10時過ぎ。よい感じです。これなら、予定通りにいすみ鉄道の乗り継ぎ駅、大原まで行けそうです。

IMG_8736.jpg

 と思って、山手線ホームから、京葉線ホームに向かって歩きます。……遠いな、これ。後から、調べたところによると、有楽町駅から“特例”をもらって直接、東京駅・京葉線ホームに向かった方が近かったらしい。が、その時は知らなかったのでどうしようもないわけで、ひたすら、400メートルほどの道のりをとぼとぼと歩きましたよ。途中のショッピングモールと飲食店などなどはすべてスルーです。11時ちょうど発の特急わかしお7号に乗れなかったら、そこで死亡フラグだし。

 で、東京駅発、11時のわかしお7号に乗った! つづく!
 ところで、京葉線って都内は地下駅なんだね。そして、長い地下トンネルを抜けていくとしばらく高架が続くんだ……。知らないって、怖いね。

IMG_8739.jpg
タグ:いすみ鉄道
posted by くれん at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | いすみ鉄道