この記事へのコメント
あちこちで上厚内駅舎取り壊しの一報が入っていました。
浦幌町郷土資料館の記事が一番グッときました。
・・・移築金かかるし…こはま

蚊取り線香とか持ってって、よく泊めてもらったっす。
トイレもあるし、自転車には最高に良かったでありんす。
・・・火事になるから本当はダメなんすよゆたか

常豊信号所は建物あるのに、行き違い施設として
建物残さなくていいのんすかな?っと。新しく建て替えるのかもす。
・・・固定資産税対策なのすか?まさと
Posted by こはま&ゆたか&まさと at 2018年09月18日 06:23
こんにちは。初めてコメントします。いつも楽しく拝見しています。首都圏在住の年寄です。

上厚内駅舎が解体されましたか。数年前、TVの秘境駅の番組で紹介されていた時に、壁にかかっていた「ああ 故郷と上厚内」という詩?が気になって3年前に見に行きました。あの額も廃棄されたんでしょうね。

私が北海道に通いだしてから10年ほどになりますが、その間にたくさんの駅が無くなりました。私のアルバムに残っているだけでも10駅ほどあります。上白滝駅は解体を目撃してしまいました。初田牛駅も間もなくですね。塩狩もリストに載っているとか。JR北海道の赤字軽減に役立つのでしょうか?解体費用の持ち出しのほうが多いのではないか、と考えてしまいますが・・・

楽しい写真楽しみにしています。
Posted by どさんこハーフ at 2018年09月19日 22:29
こはま&ゆたか&まさとさん、こんばんは。

古き良き国鉄時代の残り香がという感じかも。
こういった趣のある木造駅舎がなくなっていくのはさびしいです。

蚊取り線香を持って……。ものすごいレトロな感じで。
でも、この駅舎の裏手ってすぐ国道でしたよね……?

糸魚沢の古家記者も小さくなったし。
固定資産税対策なのかもしれません。
古いのを修繕して使うよりも、安くなるのかなぁ。
Posted by くれん at 2018年10月03日 21:28
どさんこハーフさん、こんばんは。

初コメントありがとうございます(><)
北海道の古い木造駅舎がドンドンとなくなっています。やっぱり古いので
修繕と維持費が大変あのでしょう。あと、税金対策とか?

そして、いわゆる秘境駅周辺には利用客どころか集落、民家さえもない無住地帯も
ありますから、もはや、やむを得ないのでしょう。残しておいても、日常的な利用者はほぼなく、
物好きな旅人さんしかやってきません。

初田牛も、塩狩も、他の小さな無人駅も消えてゆくのでしょうね。
……来年は、駅巡りかなぁ。消えゆく駅を写真に撮って。

では、またのお越しをお待ちしております。
Posted by くれん at 2018年10月03日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184439530

この記事へのトラックバック