2011年04月15日

北電・泊原子力発電所 と とまりん館

岩内町のあたりまで来たので、ものはついでと岩内港まで行ったときのこと。
はい、ここから北の対岸の方向を見ると北海道電力の泊原子力発電所が見えるんですよ。
と言うことで撮影してみたのがこれ。

IMG_3429.jpg

3月11日の東日本大震災の二次災害的に福島第一原子力発電所が大変なことになっていますので、
これからの原子力発電のあり方を考えていかないといけないですね。
と言って、北海道の原子力発電の依存度は約40%とかなり大きめ。
原子力を推進してきたから、この数字というのもありますが、他の発電に振り替えていくのも
消費電力量を考えると一筋縄ではいかないだろうとも思います。今現状言えることは、まず、電気の無駄遣いはしない。
そして、どこに活路を見いだすかというところでしょう。

IMG_3444.jpg

そのことはひとまず置いておいて。
上記写真は泊原子力発電所の近隣にある「とまりん館」何故か、温水プールなんかがあったりしますが、
原子力発電所の設備などについて学ぶことのできる施設です。まあ、何というか、立ち寄ってみると、
地元の方らしき人たちがちらほらと見かけられた程度でした。(あれれ?
こう言うときこそ、原子力発電所の原理、危険性、などなどをこういう施設を使ってしっかり学ぶべきだと思います。
しかし、まあ、言ってしまえば、原子力発電と言っても、核分裂する際の熱エネルギーを使った巨大湯沸かし器なんだよね。
正確にはお湯を通り越して、蒸気を作って、その蒸気で発電用タービンを回しているんですが……。
はてさて。
posted by くれん at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他。分類不能?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44322073

この記事へのトラックバック